白蛇抄

伦理片日本1983

主演:小柳ルミ子  杉本哲太  仙道敦子  鈴木光枝  

导演:伊藤俊也  

播放地址

更新时间:2019-06-11 21:19

详细剧情

《白蛇抄・Hakujasho》係日本多產作家水上 勉(1919年.大正8年 - 2004年.平成16年)同名小説( [のち文庫],集英社 ,1982 )的「映画化」作品。導演伊藤 俊也讓我們窺伺「華厳山寺」內5人男女「の愛の肉欲の相剋」畫卷,並為他們溺陷於濃稠的不倫世 界不得救贖而唏噓,或春心蕩漾……這是小柳ルミ子(留美子)Rumiko Koyanagi(1952--)第2部大銀幕演出,31歲的伊向自我、以及觀眾徹底敞開,演活了1個耽溺情慾、因愛受苦的淒美女子,奪得「日本アカデミー金像獎」最優秀女優賞誠實至名歸。石立うたは、二年前、京都で火事にあい、夫を失って絶望のあまり若狭の心中滝に身を投じた時、華蔵寺の住職懐海に助けられ、そのまま後妻として寺に住みついていた。懐海にはひとり息子昌夫がおり、彼は出家ずみの身で来年高校を卒業すると本山に行くことになっている。ある日、華蔵寺にうたの遠い親戚に当るという十五歳の少女鵜藤まつのが引きとられてきた。この寺での初めての夜、まつのは異様な女の呻き声を耳にした。その声は隠寮から聞こえてきた。夜ごとうたの体に執着する懐海。それを覗き見する昌夫。彼はうたに惹かれていた。もうひとり村井警部補もうたが身を投げ救助された時に立ち会って以来、彼女に魅せられていた。投身の時、うたが抱いていた石骨の中味に疑問を抱いた村井は、石骨を取り戻そうとするうたに力づくで情交を迫った。その石骨はうたの死んだ赤ん坊であった。かけつけた昌夫は村井の後頭部に石を投げつけうたと共に逃げた。雨が降り出し、山小屋へ駆け込んだ二人はいつのまにか抱き合っていた。その日から昌夫は大胆になり、うたも日ごと昌夫の体に溺れていった。そうしたある日、懐海はうたと昌夫が密会している場所に動ける筈のない体を引きずっていって殺された。昌夫は本山に修業に出た。懐海の死に不信を抱いた村井は、まつのに死んだときの様子を問いただし、うたと昌夫が愛し合っていることを知った。うたは昌夫に会うべく京都に向ったが、昌夫もうたに会いたいために寺を飛び出していた。若狭に戻り、心中滝に立つうたの背後に村井が近づいて懐海を殺したのではないかと詰め寄った。口論のうち村井は足を滑らせて滝壷へ落ちた。華蔵寺に着いた昌夫にまつのは愛を告白するが、彼は振り切って外に飛び出した。そこにうたの姿が。本堂に走ったうたを昌夫は追うが、うたは「来たらあかん」と斧を持ちながら叫ぶ。斧を奪った昌夫が激昂してふりかざした下にうたは微笑みながら身体を入れてきた。血飛沫が舞った。昌夫も自殺し、心中を眼にしたまつのは本堂に火をつけた。
加载中...

返回首页留言反馈返回顶部

Copyright © 2008-2018